スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
在宅患者訪問栄養食事指導料について
第26回研修会の開催告知のブログ記事で紹介した、

アルツハイマー型認知症の患者さんのお家へは、看護師と管理栄養士で訪問しましたが、
それぞれに見る視点が違い、
短時間で問題抽出ができる、確認ができる、対策を考えやすい、介護者への指示が早くできる。
連携がとれやすいといったメリットがあげられるかと思います。


日本
日本の1週間分の食卓の食材

入院でよくなっても、家に帰ると悪化、入退院を繰り返すような方へ、

在宅療養での指導や支援はとても重要なところ。

訪問看護に入っていただくように調整する事も増えてきました。

心不全、腎障害などがある方は、食事内容が原因での悪化がとても多く、
外来指導よりも家での指導の方がよいと思われる方がたくさんいらっしゃいます。

先日の研修会で、
在宅訪問栄養指導があることを知らなかった。

教えてください。」
というご意見が多数よせられました。


アメリカ
アメリカの1週間分の食卓の食材

在宅で療養している患者に対して行う、
管理栄養士による栄養食事指導として
「在宅患者訪問栄養食事指導料」とができたのは、平成6年秋。



指導できる対象者は通院による療養が困難な方々となっていることや、
介護保険が始まり、介護施設の利用が増えた
いろんな事から、
在宅訪問栄養指導はとてもとても少なかったのではないでしょうか。



管理栄養士の活躍が期待されている!


マリ
西アフリカ マリ共和国の1週間分の食卓の食材

医科・歯科・訪問看護師さんなど、いろんな方とお話する中で、
食が基本
食べるための形態、具体的な食事内容の提案、コツの指導
介護家族やヘルパーなどへの料理教室をしてほしい
食事内容の聞き取りをしてほしい
連携することで、役割分担ができ効果的な支援ができる
肥満の利用者への食事指導をしてほしい
食育をしてほしい
病院・介護施設に管理栄養士がいるが、在宅訪問までの時間がとれないようだ
利用の仕方がわからない、
どこに相談していいのかわからない
コストはどうなりますか
・・・といったことをよく言われます。

モンゴル
モンゴルの1週間分の食卓の食材

在宅での食事支援は必要とされているのに知られていない事が多いようにも感じます。

在宅訪問栄養指導は以下の内容で算定できます。

********
在宅患者訪問栄養指導料について

在宅での療養を行っている患者であって、
疾病、負傷のために通院による療養が困難な者について、
医師の指示に基づき、管理栄養士が家を訪問し、
患者の生活条件、し好等を勘案した食品構成に基づく食事計画案
または具体的な献立を示した栄養食事指導せんを
患者またはその家族等に対して交付するとともに、
指導せんに従った調理を介して実技を伴う指導を30分以上行った場合に算定。

(1)同一建物居住者以外の場合 530 点(5,300 円)
(2)同一建物居住者の場合 450 点(4,500 円)
※交通費は別で実費

*注(1)については、在宅で療養を行っており通院が困難な患者当該患者と同一の建物に居住する他の患者)に対して同一日に訪問栄養食事指導を行う場合の当該患者〔以下この区分番号において「同一建物居住者」という)を除く〕であって、別に厚生労働大臣が定める特別食を必要とするものに対して、(2)については、在宅で療養を行っており通院が困難な患者(同一建物居住者に限る)であって、別に厚生労働大臣が定める特別食(※別表)を必要とするものに対して、診療に基づき計画的な医学管理を継続して行い、かつ、管理栄養士が訪問して具体的な献立によって実技を伴う指導を行った場合に、(1)と(2)を合わせて月2回に限り算定する。

厚生労働大臣が定める特別食
医療保険における特別食
腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、高脂血症食、痛風食、楓糖尿症食、経管栄養のための濃厚流動食、無菌食、特別な場合の検査食、フェニールケトン尿症食、ホモシスチン尿症食、ガラクトース血症食、治療乳
介護保険における特別食
腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、高脂血症食、痛風食、経管栄養のための濃厚流動食、特別な場合の検査食、嚥下困難者のための流動食

**********

イタリア
イタリアの1週間分の食卓の食材




利用の流れなど、分かりやすい説明はコチラをどうぞ
訪問栄養Q&A
http://www.houeiken.jp/qa.html


また、施設に管理栄養士がいません、どこに相談したらいいですか?への対応へは
各都道府県には「栄養ケアステーション」がありますのでどうぞ!
熊本県栄養士会ホームページ>栄養ケアステーション事業
http://www.kuma-eiyoushikai.com/index.php/ja/nutritioncare.html




池田亜須香@ネットワーク代表世話人

【2015/06/12 10:40】 | 食事療法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新しい企画、やってみた。 | ホーム | 在宅での生活を支える、食のサポートのあり方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/307-71618083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。