スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
在宅での生活を支える、食のサポートのあり方
在宅での自己管理が治療の基本である糖尿病。
早期からの、生活習慣のみなおしや改善が必要が大切ですね。


どんな方でも、「食」は基本。
長年の習慣、好みが、皆さんあると思います。
病気になると、食欲が落ちたり、病気に応じた食事内容になり、
回復のために、病気の改善のために、食をしています。

誰にでもある、当たり前の事。
当たり前は実は偏っていたり、
わかってはいるけど、なかなかやめられない
20140501 075



血糖値が高い!と言われた瞬間・・・

食べ過ぎたのがいけなかったかな、お酒だろう、ここ数ヶ月外食が多かったせいかな、
甘いものが好きだから、ジュースがいけなかった、運動が全くできていないからだ、

でも好きだからしょうがない。好きなもの止めないといけないのは辛い、
もう歳だけん、寿命まであとちょっとたい、
あと○年ぐらい生きれば十分だ
ムリムリ、そんな事するぐらいなら死んだほうがまし。
でもな・・・そうだ、ご飯を控えてみよう。野菜を食べてみるか・・・
動くようにしよう
食べないと低血糖起こすたい、あれは怖い。気持ち悪い。

あれこれと原因を考え、いろんな葛藤があっていることと思います。

20140501 076

また、家族の思いも

前から言っていたのに、守らなかったから
好き勝手ばかりしている。
時間がないから、言われるような料理は作れない。
別になんてできない
長生きしてもらいたい、
寝たきりになってもらっては困る
身体が大きいから倒れられた時に介護に困る

こういった言葉がよく聞かれているのではないでしょうか。

皆さんは、日頃どういった食のアドバイスをしていますか?
指導をしていますか?

「実行をしてくれない」
「入退院を繰り返し、退院したらすぐ悪化する」

20140501 066

うんうん、よくあります。

そういう時にどうしたらいいですか?


難しい質問です。


たとえば、
「何回も、何十回も指導は聞いた。分かってる。行動ができてないだけ」
と言われるけど、

本当は、行動している事があり、工夫していたり、考えている事も多かったりするし、
本人ができていないと思っている事もある。

気づいたり、引き出したり、
正しい知識をもち、その人にあった適切な情報提供をしながら、できる事を強化していきます。
わからないことは、調べる。確認し、返すことが大切です。
そして、一人に指導をしているのではなく、その周りにいる方への配慮があると、
うまくいくこと増えるのではないかなと思います。
20140501 088

そして、指導受けてよかったよ〜と言われた時には、
何がよかったのかを聞いてみてくださいね


池田亜須香@ネットワーク代表世話人



追記:
ちなみに、今回の記事に挿入した写真は、
栄養食事指導を受けられたある患者さんが、
自分の日々の食事を撮影された写真になります。

指導されたことについて、
どこまで納得され、意識されているか、が伝わってきますね。


【2015/06/11 15:11】 | 食事療法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<在宅患者訪問栄養食事指導料について | ホーム | 第26回糖尿病教育ネットワークKUMAMOTO終了しました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/306-c890ad78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。