FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大気汚染と糖尿病
熊本市、5/14に今年度2度目のPM2.5が70μg超え。
P1160331.jpg

そんな今日この頃、気になる調査報告を2つ。

J Epidemiol Community Healthから
■■■腎機能に“自宅から幹線道路までの距離”が影響


米ベス・イスラエル・ディーコス医療センター(BIDMC)の
Lue Shih-Ho氏らの調査によると、
自宅から幹線道路までの距離が最短の者(50m未満)と
最長の者(1km以上)で比べたところ,
距離が最短の者ではeGFR が3.9mL/分/1.73m2
有意に低下(95%CI -1.0~-6.7,P=0.007)していることが分かった。

また,距離が最短の者では最長の者に比べて
冠動脈死は4%,全死亡は1%いずれも高かった。

脳卒中の既往があり,幹線道路近くに居住する住民では
腎機能が低下傾向にあることが確認された。


Diabetologiaから
■■■自動車関連大気汚染で小児のインスリン抵抗性上昇

ドイツ糖尿病研究センターのElisabeth Thiering氏らは,
ドイツ国内の10歳の小児397例を対象として,
インスリン抵抗性と自動車関連大気汚染物質への曝露レベルとの関連を検討

対象者のHOMA-IRは
NO2およびPM10の大気中濃度が2SD上昇するごとに,
それぞれ17.0%(95%CI 5.0〜30.3),18.7%(同2.9〜36.9)有意に上昇していた。
PM2.5,PM2.5吸光度についても
それぞれ22.5%(同-0.9〜51.5),8.6%(同-5.7〜25.0)上昇していたが有意差はなかった。

最寄りの幹線道路までの距離との関係を見ると,
500m短くなるごとに
HOMA-IRは有意に7.2%(同0.8〜14.0)上昇していた。




大気汚染が呼吸器疾患や心疾患の発症リスクとなることは
広く知られているところですが、
腎症やインスリン抵抗性発症のリスクイベントにもなりうる、
ということのようです。

大気汚染については、
自己管理レベルでのリスクヘッジって難しいですが、
成長期のお子さんの長期曝露を避けるためには、
今後はこうした汚染情報を確認して、外出を控えるなどの
曝露を避ける生活習慣も必要になっていく時代になっていくのかも??





【2013/05/17 09:47】 | 腎症 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第23回研修会のお知らせ | ホーム | ブルーサークルメニュー事業報告会のご案内>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/279-3a20e564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。