FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
熊本市CKD対策推進会議
平成24年度の熊本市CKD対策推進会議が5/24に開催される、というとで、
我々、糖尿病教育ネットワークKUMAMOTOにもご案内が参りました。


内容といたしましては、

・熊本市から対策事業の進捗状況の説明。

・熊本市食生活改善推進員協議会と肥後銀行健康保険組合から
 それぞれの対策取組み紹介。

・医療制度と医療連携からみたCKD対策の展望」と題しての
 東京大学大学院公衆衛生学教室 小林廉毅 教授の特別講演。

・意見交換会。

・・・となっているようです。



当ネットワークからは世話人の池田が出席いたします。

熊本市のCKD対策事業について
糖尿病教育に携わるコメディカルの立場からのご意見やご要望などありましたら、
代わってお伝えさせていただきますので、
メールフォームから、お寄せ下さいませ。

また、対策推進会議の概要も、
後日、こちらのブログでレポートさせていただきますね!




ここ数年の熊本市のCKD対策事業の市民キャンペーンの展開で、
熊本市民の「腎臓」に対する意識がかなり変わった気がします。

ゆめタウンの入り口

病院の待合室に、患者教育用資料として置いている資料も、
以前はあまり持ち帰られなかった減塩や腎臓に関する資料が
かなり持ち帰られるようになってます。

先日などは、掲示していた腎症予防の目標検査値を書いたポスターを
「自分の職場にもこれを貼りたいから、もらえないか?」
と求められまして、お渡ししたこともあったりなんかして。

こうして市民側の意識が高まっているところに、
タイミングよく「教育」介入があれば、
それこそスポンジに水が吸い込むように覚えていただけますし、
その方が、家族や周囲の方々にも“伝達講習”してくださることもありますし。

いろんな場所で、いろんな方が、
繰り返し言葉にし、アクションしていれば、
いつかどこかで気付いてくれて、気になるタイミングが必ず訪れます。

そのタイミングを逃さないためには、
こうした地域のいろんな業種の方々が志を1つにし、
それぞれの職能を活かして行なう対策推進活動が、
とても大事なことだと思っております。

↓こちらは昨年の対策推進会議メンバーのアクションプランです。(クリックすると拡大表示します)
CKD対策推進会議

今春からは、透析対策としての糖尿病腎症の療養指導の仕事に
保険点数で報酬をいただけるようになりました。
算定にあたっては、指導評価のレポート提出が義務づけられておりますから、
これにて、コメディカルスタッフによる療養指導が、
透析予防に効果があるやなしやが、はっきり評価されるわけであります。


糖尿病教育に携わるコメディカルスタッフの真価が問われるステージに突入です。
みんなで頑張っていきましょうねっっ!!!



【2012/04/27 08:07】 | 腎症 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第55回日本糖尿病学会で発表して参ります! | ホーム | 糖尿病透析予防指導セミナー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/241-416889a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。