スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
糖尿病透析予防指導管理料
この春の保険点数改定において、糖尿病教育に携わる我々が注目していた
糖尿病透析予防指導管理料 350点
だんだん、条件がクリアになって参りました。

中医協の資料にあった算定要件と施設基準を見て、
これだけのしばりで、350点も点数評価いただけるんだ??!!
と思っていましたらその後に示されました「実施上の留意事項」によりますと、
透析予防診療チームの構成メンバーである
医師、看護師又は保健師、管理栄養士の「経験」にしばりがかかるようであります。


まず、医師。
糖尿病及び糖尿病性腎症の予防指導に従事した経験を
5年以上
有する者であること。


次に管理栄養士
糖尿病及び糖尿病性腎症の予防指導に従事した経験を
5年以上
有する者であること。


保健師については、
糖尿病及び糖尿病性腎症の予防指導に従事した経験を
2年以上
有する者であること。


そして、看護師については、下記の1)もしくは2)のいずれかであること。
1)糖尿病及び糖尿病性腎症の予防指導に従事した経験を2年以上有し、
 かつ、この間に通算1,000時間以上糖尿病患者の療養指導を行なった者であって、
 適切な研修を終了した者。
2)糖尿病及び糖尿病性腎症の予防指導に従事した経験を
 5年以上
有する者であること。



糖尿病療養指導経験2年の看護師についてのみ「適切な研修」受講のしばりがつきまして。

要するに、経験年数2年~5年未満の看護師については、
フットケアと同じように、
国及び医療関係団体等が主催する10時間以上の研修を受けてくださいね、
ということのようですね。


しかし、こういう研修条件をみるたびに、
「・・・CDEJの資格じゃ評価いただけないのね」という気持ちが
ふつふつとわいてきたり(涙)。



その他、付帯する条件はこんな感じ。

○チームの内、少なくとも1名以上は常勤であること。
○上記職種以外に、薬剤師、理学療法士が配置されていることが望ましいこと。
○糖尿病教室を定期的に実施すること等により、
 糖尿病について患者及びその家族に対して説明が行なわれていること。
○病院については、病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に資する体制が
 整備されていること。
○管理料を算定した患者の状態の変化等については、
 所定の様式にて地方厚生局(支)局長に報告していること。


今後、この管理料を患者さんからいただくことによって、
どれだけ充実した実効性ある腎症予防指導を提供できるか、
ということが、我々の至上命題になるわけですが、
こちらについては、来年度のネットワークの研修会で、
みなさんと情報交換し、激論!交わしたいな、と思っているところであります。


新年度もどうぞ!
よろしくお願いいたします!!

【2012/03/28 17:25】 | 腎症 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<糖尿病透析予防指導セミナー | ホーム | 歯科領域との情報交換>>
コメント
適切な研修
お久しぶりです。非常勤看護師です。昨年フットケアの相談をさせていただいたのですが、今回は、糖尿病透析予防指導管理料についての質問です。昨年秋に、糖尿病療養指導士の講習を受けたのですが、これは適切な研修には入らないのですか?早急にお返事ください。
【2012/04/02 22:17】 URL | 非常勤看護師 #-[ 編集] | page top↑
適切な研修の条件
現時点で示されている「適切な研修」の条件は下記の通りです。

1. 国及び医療関係団体等が主催する研修であること。
2. 糖尿病患者への生活習慣改善の意義・基礎知識、評価方法、セルフケア支援及び事例分析・評価等の内容が含まれるものであること。
3.糖尿病患者の療養指導について充分な知識及び経験のある医師、看護師等が行なう演習が含まれるものであること。
4. 通算して10時間以上のものであること。

昨年度の研修、については、どれも条件をみたさないと思いますし、基本的に、今年度から「糖尿病透析予防指導研修会」として内容が特化された研修会が計画されるものと思われます。

おそらく、フットケア研修と同様の経過をたどるでしょうから、看護協会あたりが先発で主催され、その後、それに準じる形で関連団体で研修会が計画されるもの、と思われますが、現時点で、開催計画情報、全くありません。

こちらで情報キャッチしましたら、このブログでご案内したいと思っております。
【2012/04/03 08:48】 URL | 事務局員@ネットワーク #-[ 編集] | page top↑
CDEJの講習会が公式に認められています。
3月30日に発出されたQ&Aに下記の問答があります。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/zimu2-1.pdf
CDEJの講習会を受講していればいいので、現在CDEJの資格を持っている人は全て認められると理解されます。

(問100)B001の27糖尿病透析予防指導管理料の看護師の要件である研修の内容が通知に示されているが、具体的にはどのような研修があるのか。

(答) 現時点では、以下のいずれかの研修である。 1 日本看護協会認定看護師教育課程「糖尿病看護」「透析看護」の研修 2 日本看護協会が認定している看護系大学院の「慢性疾患看護」の専門看護
師教育課程 3日本糖尿病療養指導士認定機構が認定している糖尿病療養指導士の受講者用講習会

【2012/04/09 09:21】 URL | 山守育雄 #-[ 編集] | page top↑
情報ありがとうございました!
山守育雄様、情報ありがとうございました!

先ほど、CDEJ認定機構に確認いたしましたところ、ご指摘の通りでした。

認定機構主催の2daysの研修会(受験者対象、更新者対象の研修会)が当該研修会となるそうで、過去受講された方についても、その受講証をもって、認められるそうです。

しかし、これでようやくCDEJ有資格であることが、保険点数算定において有利な条件となるわけですね!

なんか感激(笑)。
【2012/04/10 12:39】 URL | 事務局員@ネットワーク #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/239-f00f1e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。