スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
高齢者疑似体験
さて、今回は午前中に行いました高齢者疑似体験について。

こちらは、高齢者糖尿病をテーマにとりあげた第7回研修会でも
実施したネタ
でありますが、
今回は、当ネットワーク世話人より
(1)身体可動域の変化
(2)ロービジョン+手指の感覚低下でのインスリン、SMBG手技、
(3)聴覚低下
についての情報提供と、
SMBGデバイス
国内3社のインスリン注射のデバイスをご用意させていただきました。


こちら、疑似体験、とはいえども、
その感覚はカルチャーショックに近いものがあります。

P1130109.jpg

アンケートでは、
 「高齢者の方の動きが鈍くなったり、不安に感じることが体験を通じてよく分かった。」
 「BSチェックやインスリンの手技がこんなにも難しくなるということがわかった。」
 「体験することで、援助する際の注意がよくわかった。」
 「改めて身体機能低下時の生活を考えることができたので良かった。」
といった意見をたくさんいただきました。

「テキストとして知っている」ということと
「自分の体感として知っている」ということは違うんだ、

というのがしみじみとわかるひと時であります。

これがわかりますと、アンケートにあった言葉ですが、

 「簡単と思っていたことが、そうではなく、患者さんの苦労がわかりました。
  ‘血糖を毎日測って下さい’ではなく、
  ‘血糖を毎日測定してくれてありがとう’へと気持ちがかわりました。」

といった“気付き”も出てくるわけで。

患者さんに対して、
「がんばってくれてありがとう」っていう気持ちで指導するのと、
「これくらい、やってあたりまえでしょ」っていう気持ちで指導するのでは、
受け手側には、天と地ほど気持ちが違ってきますし、
おそらく指導効果にもその差があらわれてくるのではないかと思われます。

P1130116.jpg

ここで、裏話として、身体障がい者センターで
この体験装具を返却した時のエピソードをひとつご紹介。



装具返却時の備品チェックを受けていたテーブルに、
いろんな形のスツールが置いてありまして。

備品チェックを待つ間、何とはなしに、
そのスツールを1つ1つ引き出して見ながら、ふと思い出して、

「そういえば、ご高齢の方が、椅子から立ち上がる時がつらいので、
 立ち上がりやすい椅子はないですか?って聞かれたことがあるんですけど、
 こういう椅子だといいんですかね?」

とセンターの指導員の方にお尋ねしたところ、
こんな会話に発展。

P1130098.jpg


「高齢者の場合だと、背中と両肘の3点で支えることが基本だから、
 こういったスツールは向かない。
 
 特に、これはそれぞれ個別の障がいにあわせて作った椅子だから
 健康な人が使っても座りにくいだけで。
 ただ、特定の障がいのある方には、すごく使いやすいものなのね。
 全部‘目的’が違うの。この‘目的’が大事だから。

 立ち上がりにくい、ということだと、
 こうしたスツールで足の位置を下げることを考えちゃいがちだけど、
 高齢者の場合には、足の位置を上げてあげた方がいい。」

「え?足を上げるんですか?どうやって??」

「足台を足元に置いてあげるの。
 そうすると、全然楽。
 これは、やってみるとわかるよ。
 気持ちから安定するから。

 あとは、その人がどういう生活をされていて、どういう動作をサポートしたいか。
 そこの目的がちゃんとわかってないとダメ。
 楽であればいい、ってそういう問題だけではないから。」

P1130110.jpg

「あ、そうか。一人一人違うから、一律にはいえないですよね。」

「そう。だから、我々がすべきことは、
 まず、その人の今の身体の状態を科学的にとらえて、
 ここがこうだから、こうなってるんだよ、ってわかるように説明してあげて、
 そこで、これからどうしたら、どこまで出来るようになるかを説明して、
 相手に伝えること。

 それが相手にちゃんと伝われば、相手の機能回復や筋力維持ができる。
 こちらがやって欲しい事って、本人さんにとっては楽なことばっかりじゃなくて、
 ツライ事だから。」

「そうですよね~。納得がないと続かないですよね。」

「そこが伝わらないと意味がない。
 伝えるためには、まずこちらが相手をちゃんと理解しないと。
 そこで相手のことをしっかり理解すれば、その気持ちが伝わる。
 こちらの気持ちが伝われば、相手も、つらくても頑張って続けられるし、
 変な話、例えばそれで何かトラブルが起こっても、大きな問題にならないのよ。」

「信頼関係、ということですね。」

「そう。科学的な解析と、相手の気持ちをしっかり理解すること。
 それをやっていく過程で、心が伝わることが大事。
 この体験装具だって、体験した、それだけじゃダメで。
 相手の気持ちがわからないと何も意味ないのよ。
 じゃないと、何も伝わらないから。伝わることが大事」

P1130103.jpg


・・・と、こういう会話がありまして。

ちょっと、深イイ話っしょ?!

期せずして、今回のセミナーの研修内容の総括ともいえるお話だったので、
皆さんにもぜひ、お伝えした~いっっ!!!!
・・・ということで、ここでご紹介させていただきました。
 
相手を「知って」、気持ちが「変わって」、
そこで、はじめて相手に「伝わる」んですね。


きっと研修会を終えた参加者の皆さん、今頃は、
現場で相手に「伝わる」感覚を体感してらっしゃるのではないかな、
と思ったり。

いかがですか??
 


アンケート中には、
「体験装具は、介護実習センターにあるものと違いますね」
との指摘もありましたが、流石にご明察!

実は、前回の研修会時には、
介護実習センターにもあったと思われる
ノーマルな高齢者疑似体験セットを借りてやりましたんで、
今回は「片麻痺の」高齢者疑似体験セットを借りてきた次第です。

前回ご参加の方には、その違いも感じていただけたかと。

こうした麻痺のある方の特異な重心移動については、
太田先生のレクチャーでしっかり理解いただけたと思います。

P1130092.jpg


今回、思い切って2時間枠としましたが、
それでも、アンケートでは、
  「午前中の疑似体験の時間がもう少しあればよかった。」
  「全員が体験できなかったので、全員でできると良いと思いました。」
という意見があがっておりまして。

残念ながら、体験できなかった方には、
ぜひ、所属施設の職員研修で体験学習、やってみられませんか?

全国各県の身体障がい者センターでは、
こうした高齢者疑似体験学習が企画されておりまして、
今回のように、体験装具の貸し出しは勿論、
出張体験講座もありまして、
センターの指導員の方が詳細解説の元での体験も可能です。

なおかつ、これ、すべて無料、であります。
この社会資源、活用しない手、ありません!!

実際、自分の施設の外来の動線を
この体験装具をつけて動いてみられると、
誘導の際の注意点や、
さらなるアプローチのポイントが見えて来るのではないかと。

ぜひ、お試しあれ!!


熊本県障がい者福祉センター>疑似体験
http://www.normanet.ne.jp/~ww101616/giji.html
【2011/12/29 08:40】 | 高齢者の糖尿病 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<熊本市CKD対策室からイベントのご案内 | ホーム | 第19回研修会終了しました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/230-da5180d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。