スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第18回研修会、終了しました!
7月10日(日)、第18回の研修会を無事終了いたしました。
参加者99名。
P1110808.jpg


今回は、熊本における
糖尿病と腎臓病の予防指導・療養指導のフィールドを俯瞰してご覧いただき、
そのフィールドの中で自分がどこで何をしているのか、を認識いただき、
そのフィールドのあちこちで、様々な形で指導に携わる方々と知り合っていただき、
親しく情報交換していただくことがねらいでありました。

P1110814.jpg
熊本市健康づくり推進課の高本佳代子さん。
熊本市のCKD対策プロジェクトについてお話いただきました。


しかして、病医院の他、
市町村、保険組合、健診センター、保健指導のベンチャー企業、など、
様々な現場から様々な職種の方にご参加いただきまして、
がっつりディスカッションいただきました。

P1110820.jpg
熊本県臓器移植コーディネーターの西村真理子さん。
腎臓病の終末医療を迎えた方々に寄り添う立場からご発言いただきました。


今回も、いつもながらの多職種・多施設混在の即席チームでの
グループワークスタイルの研修会だったわけですが、
初めてご参加いただいた方も多く、
「いろんな職種の方とお話できたのが‘新鮮’でよかった!」
というご意見をたくさんいただきました。

P1110875.jpg

特に今回は、熊本県腎臓病患者連絡協議会の
会長さん、副会長さんにまでご参加いただきまして、
グループディスカッションに入っていただくことができました。

ご自身の治療経験、体験者ならではの療養指導に対する提言、
自分のような思いをする人を一人でも減らしたいとの考えから
会にて取組んでいる啓発事業や食育に対する思い、などなど
非常に有意義なお話をいただけました。

P1110877.jpg
こちら、熊本県腎臓病患者連絡協議会の会長さんがおられたテーブルです。
「教えて!先生」状態になってました。


医療者のみならず、
こうやって患者さんご本人にも、グループワークに入っていただき、
疾病予防・合併症進展予防という同じ目的のもと、
患者さんと医療者の垣根を超えて忌憚なく言葉を交わす、という経験、
多職種・多施設の混成グループワークを旨とする我々ネットワークでも
初めての出来事でありましたが、
これって、本当に素晴らしいひとときでした。

こういう企画もあり、ですね。
将来的に考えてみたいな、と思いました。


会長さんと副会長さんがおられた
テーブルNo.7と9におられた方、
超ラッキー!でしたね(笑)

P1110844.jpg

今回は、熊本のフィールド認識で時間いっぱい、な感じでしたが、
また、機会をつくりまして、
さらに具体的で有効なアプローチ策を
みなさんと一緒に考察できたら、と思っております。

何より、みなさんとまたお話できることを
楽しみにしております。

我々、患者さんに対して、
「ひとりで悩まないで!」なんてお声かけすることありますが、
実は医療スタッフだって、
「ひとりで悩まないで!」って言って欲しかったりもするわけで(笑)。

P1110905.jpg

ぜひぜひ、我々ネットワークの研修会を
多職種・多施設の垣根を超え、
支え合い、励まし合い、時に愚痴もこぼしつつ(笑)、
フランクに情報交換できる「場」として
大いにご活用いただければ、と思っております。


ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。



【2011/07/10 20:55】 | ネットワークの研修会 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<フードモデルと食材カード | ホーム | 第18回研修会参加者募集中!>>
コメント
参加された皆様、おつかれさまでした。
ご参加ありがとうございます。

全国的にもめずらしい、参加型研修会をしているのがウリです。

医療だけでなく、保健師さんや健診機関の方々との交流ができる場として、
また多くの方の参加をお待ちしております。
【2011/07/12 09:54】 URL | いけだ@世話人 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dmnet.blog68.fc2.com/tb.php/208-6160f6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。