FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
失敗談サミット開催!
おかげさまで、糖尿病教育ネットワークKUMAMOTOも
今年度、活動10周年を迎えました。

で、今回、10周年記念事業として、
前回の研修会の時、アドバイザーの上原Drがおっしゃられていた
「失敗談サミット」を開催しちゃおう!ということになりました。

27thflyer.jpg
案内チラシのPDFダウンロードはこちらからどうぞ!☞ 第27回開催案内

今回は、みなさんが現場で経験した 失敗談 を披露いただきます。

失敗経験を積み重ね、それを組織・体系化したところに科学がある、
ということもまた真理であります。

たくさんのトライ&エラーの経験知を共有し、集約することで、
糖尿病の自己管理のリアルワールドの複雑さ、奥深さを知り、
より実効性のある糖尿病教育のオプションを考察したいと思っております。

また、今回は、熊本県下の糖尿病教育の実践者にお集まりいただく
サミットですから、ワーキングディナーもご用意いたします。

当初、脂っこい料理代表格の中華料理のコースをアルコール有りで食して、
外食時の血糖測定を体験いただこうか〜などど話していたのですが、
研修込で3時間以上、会場を貸してくださる飲食店がなく(涙)

池田@代表世話人が
「ど〜しよ〜〜〜誰か助けて〜〜〜」
と自らのSNSで叫んだら、
「ビーガン料理はどう?」
という救世主が現れ、
「確かにビーガン料理って食べた事ないぞ」
「主義思想だけでなく、海外セレブが美しくなるためにやってるからって、
 乗っかっちゃってる人も、いるんじゃ?」
「糖質制限の流れでのビーガンを説明してるのも見た事あるぞ」
「あれって血糖変動どうなのよ?」
という話になり、トントン拍子にシェフの献立説明までブッキングできました。

・・・いい時代になりましたねぇ(笑)

近年の食の多様化を知り、
その多様化を楽しみつつも、健康もしっかり維持いただくために、
栄養バランスをどう考え、どう調整するべきか、というあたりを
みなさんと一緒に深〜く考えられればいいな、と思っています。

また、今回は、食事前後の血糖自己測定を体験いただくことで、
外出先の食事前後で血糖測定する患者さんの気持ちを味わっていただき、
さらには、食事の献立内容と血糖変動を是非実感ください。


日 時:平成28年312日(土)16:00〜19:30
会 場:未来会議室 EVENT BOX (CORE21下通りビル5F)
参加費:3,500円(食事代込)

今回も、日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位として
   <看護1群>1単位
   <2群>1単位
を申請中です。

今回、会場とディナー準備の都合上、
事前申込要!定員50名で応募締切!
とさせていただきます。

参加お申し込みはチラシ裏面をご記入いただきFAXいただくか、
こちらのメールフォームからどうぞ☞ http://form1.fc2.com/form/?id=703498


スポンサーサイト
【2016/01/25 18:00】 | ネットワークの研修会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第7回専門領域部糖尿病班研修会
当ネットワークの世話人 溝上さん(球磨病院 理学療法士)から
研修会情報、いただきました。

熊本県各地の糖尿病啓発事業で活躍されてます
熊本県理学療法士協会の糖尿病班の皆さんの企画による
ワンデイセミナー
です。

クリックすると拡大表示できます。
IMG_20151210_0001.jpg

今回は、熊本で日々
糖尿病腎症の進展阻止、透析導入阻止、透析治療
に取り組んでおられるスペシャリストを
医師、管理栄養士、理学療法士、看護師、臨床工学技士
の各領域からお迎えし、
熊本での糖尿病腎症の治療管理・地域連携の実態と
我々がクリアすべき課題をお話しいただきくプログラムとなっています。

演者に臨床工学技士が入ってるあたりがイイ!ですね。
糖尿病腎症から透析治療導入となった患者さんが
実際、どういう治療管理をされているのか、というのは、
ぜひ聴いてみたいところです。

熊本県民の健康長寿を実現するために
「チーム熊本」でできること
一緒に考えてみませんか?

テーマ「糖尿病腎症について」
日 時:2016年228日(日)9:20〜16:50
会 場:市民会館崇城大学ホール 大会議室
〒860-0805 熊本市中央区桜町1-3
参加費:6,000円(熊本県理学療法士会会員は3,000円)
定 員:150名

こちらの参加によって、CDEJの<第2群>更新単位 2単位のgetが可能です!
ぜひご参加ください!!!

本研修会については、事前申し込みが必要となります。
1月15日までに、下記アドレスにお申し込みください。

E-mail:y-tomioka@krh.marutakai.or.jp
熊本リハビリテーション病院 理学療法士 冨岡勇貴

メールでのお問い合わせ、申し込みの際、
携帯やスマフォにて、PCからの着信制限されている方におかれましては、
上記アドレスからのメールが受信出来るよう設定ください。

先着で定員に達し次第、締切となりますので、
お申し込みはお早めにどうぞ!



【2015/12/10 11:49】 | ネットワークの研修会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第26回糖尿病教育ネットワークKUMAMOTO終了しました!
去る6月7日に、第26回目の研修会、無事終了いたしました。

今回、「高齢糖尿病患者さんの在宅自己注射療法をどう支えるか」
というコアなテーマを掲げさせていただきました。

これ、とりもなおさず、
超高齢化社会における皆保険制度の医療をどう維持する?
・・・という人類未踏の難題につながるテーマでもありまして、
患者さんに針を刺すという医療行為に関わる法の問題もあり、
正解は出ないテーマであります。

しかしながら、患者さんと直接現場で向き合う我々としては、
待ったなし、の問題でありまして、
それぞれの施設、職種で対応している
その時々の場面での不連続な支援を、
その高齢患者さんをとりまく複数の職種、施設が手をたずさえ情報共有することで、
可能な限り連続した治療支援を提供し、
その患者さんにとってベストの治療生活を実現できる地域連携ができますように!
・・・との祈りにも似た願いをこめて、
今回、熊本県下すべての地域包括支援センターさんをはじめ、
介護福祉士さん、医療ソーシャルワーカーさんなど
在宅療養に携わる方々にもご案内を差し上げました。

しかして、やはり現場の悩みは深かった!
87名というたくさんのご参加をいただきまして
まさに、職種や施設、地域の垣根を越えた情報交換ができました。
IMG_3456.jpg

ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。

当然、この難題をたった3時間で解決に導けるはずもなく、
現場認識、問題抽出・共有の
ほんのとっかかりの部分でタイムアップを迎えてしまい、
ご参加いただいた方には、消化不良であったろう、と拝察いたします。

こちらに関しましては、
次回、もっと突っ込んだ事例紹介や症例検討などで
それぞれの現場で、できること、できないことを具体的に再点検し、
解決策に向けての深いディスカッション、
活用できるオプションや地域リソースの提示、といった内容の研修会、
to be continuedで企画させていただきたいと思います。

これには、当ネットワークのアドバイザー
くまもと成仁病院 院長 上原昌哉先生(写真左)がお話されていた
「失敗談サミット」が最適かな、と。

DSC00256.jpg

また、糖尿病専門医がいない施設にご所属のメディカルスタッフの方々、
介護・保健領域のスタッフの方々にも、
幅広く奥深い糖尿病の治療支援のベーシックな知識と教育スキルを得ていただくためには、
今回、ご参加いただいた
熊本中央病院 内分泌代謝内科 西田健朗先生(写真中央)の主導でスタートする
LCDE(地域糖尿病療養指導士)の制度が最適かな、と。


・・・などなど、
今回の研修会でピックアップされた様々な問題について、
みなさんに当日書いていただきました問題抽出の付箋紙やアンケートを含め、
現時点で提供できるリソースについては、
今後、しばらくこちらのブログでupさせていただきますね。

設立10周年を迎えるものの、当ネットワークも非常に貧乏でして(笑)
以前のように研修抄録作成配布が叶わなくなってはしまいましたが、
つながる人材は10年前に比べて格段に広がっておりますので、
熊本で頑張ってる皆さんの汗と涙と知恵と努力を結集して世に発信すべく、
ネットでの情報配信、厚くしてまいりたいと思っております。

7月から始まる11年目もどうぞよろしくお願いいたします。











【2015/06/10 18:14】 | ネットワークの研修会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市民公開講座のごあんない
以前、コラボ研修会を開催いたしました
くまもと禁煙推進フォーラム 代表の橋本洋一郎先生から、
いただいた情報です。

5月25〜31日が脳卒中週間
5月31〜6月6日が禁煙週間

ということで、このキャンペーンとして、市民公開講座をされるのだそう。

 ☟クリックすると拡大表示します。  
5_31flyer.jpg

世界に平均寿命を世界に誇る日本でありますが、
大事なのは健康寿命。

臓器障害が出てしまってからでは、
完全に健康な状態にもどせません。

寝たきり、認知症にならないためには、
働き盛りの年齢から健康維持を心がける
「自己管理」が最大の防御となります。

この「自己管理」は、決して患者さんだけの命題にあらず。
今、働き盛りのスタッフ諸君にこそ必須の命題であります。

早め早めのちょっとずつの積み重ねが、
寝たきり、認知症にならないための秘訣です。

その秘訣の具体的な方法を
くまもと禁煙推進フォーラムの先生方に教えていただきましょう!

【2015/04/27 08:55】 | ネットワークの研修会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第26回糖尿病教育ネットワークKUMAMOTO 開催のごあんない
ひさしぶりに当ネットワーク自主企画の研修会の御案内です。

IMG_20150418_0001.jpg

・・・と、ここで、今回の研修会のテーマ「高齢糖尿病患者の治療支援」に関わる
エピソードをひとつご紹介。

とある熊本市内在住の男性の高齢糖尿病患者さんのお話です。

3〜4年前からアルツハイマーの診断がありますが、
日常生活動作は自立しておられ、買い物等も自分でできるため、
在宅介護利用にてヘルパーさんに食事をつくってもらい、
デイサービスを利用しながら独居で生活。
病院にも1人でちゃんと定期外来受診されています。

ある日、デイサービスの担当者から、
「気分が悪いと言われている」
ということで病院に電話連絡があり、
外来受診いただきました。

外来での検査の結果は異常なし、ということで
帰宅となりましたが、
担当看護師としては、気になることが。

・・・受診の度、体重が減ってきている。


今回の件で、改めて診療記録を振り返ってみた所、
半年で6kgの体重減少があります。
加えて最近、アルブミンも少し減っている。

外来での定期受診の際の問診で、
「食事、ちゃんと食べてる?」
の質問には、
「ちゃんと食べとるよ」
〜との応えは得ていたものの・・・。

“これは1回、自宅の状態を確認した方がいいだろう”
ということで、看護師と管理栄養士が、
その男性の訪問介護の担当ケアマネと連絡をとり、
ケアマネ同行で、自宅を訪問しました。

訪問したところ、ご本人は、ベッドで横になられていて、
ベッドサイドには、当日の昼食がそのまま残っていました。

それがこれ。
IMG_3056.jpg

自己申告に相反して、昼食がほとんど食べられていない、ということも問題ですが、
その献立が、おかゆ、いなり寿司、ミートソーススパゲティ、と
すべて主食オンリーの炭水化物、というのも大問題。

再度その場で、ご本人に、
「ごはん、ちゃんと食べとるね?」と質問すると、
「食べとるって!
 自分でもちゃんと買い物にいって買ってきおるし。
 そがん疑うなら冷蔵庫もみてよかよ。」
〜との応えがあり、見てみると、
昨夕の食事、今朝の食事と思しきものが
ほぼそのまま入っている状態です。

さらには、ベットからキッチンにいく途中の、
居間のテーブルの上には、こんなものが。
IMG_3059.jpg
本人に確認すると、
「歯が痛いので、薬局で痛み止めを買ってきた。」
「1日1錠飲んでる。」
との由。

ご本人が、箱に購入日を書く習慣があり、かつ
家計簿をつけ、レシートを貼付される習慣がある方なので、
これが間違いなく3日前に購入されていることがわかるのですが、
あるはずの残薬が全くみあたらない。

これ、全部飲んでいるとしたならば、
3日で48錠飲みきっていることになります。

こうして、ご自宅での生活実態を見ながら問診することによって、
他にもいろいろわかることがあったのですが、
とりもなおさず、以上の情報によって、
病院、介護施設では不明瞭だった
体重減少、アルブミン減少、気分が悪い〜の原因が
明確に見えてきますよね。


このような高齢の糖尿病患者さんの生活実態が発覚して、
ヒヤリ、という瞬間、
糖尿病教育に携わるスタッフなら、少なからず経験があると思いますし、
むしろこういうケースが増えてるんだけど、これからどうしたらいいんだろう?
・・・という積極的な危機感もつのっているのではないかと。

患者さんに必要な治療管理を維持していくために、
こうした高齢者特有の実態を
何を手がかりに特定して、どうアセスメントし、
どこに繋いでゆくか。


IMG_20150418_0001.jpg

今回の研修会では、こうした問題をテーマに、
参加者の体験や悩みを出し合い、
それに対して、それぞれの職種や施設で出来ることを考え、
出来ないことをどう連携していくか、
問題解決のヒントをつかむ会としたいと思っております。

6月7日(日)13:00〜16:00
熊本県立劇場 地下1F大会議室
にて
たくさんの方々と情報交換を行い、
いろんな経験知を今後のオプションとして皆で共有することで、
熊本ならではの解決の手がかりが得られることを期待!


御案内のちらしのダウンロード(PDF)はこちらから 
☞ http://kumamoto-dmstaff.org/kenkyukai/docs/flyer26th.pdf

参加お申し込みはこちらのメールフォームから 
☞ http://form1.fc2.com/form/?id=703498


ご参加、お待ちしております!!!







【2015/04/20 11:50】 | ネットワークの研修会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。