FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
OmniPodをみてみたい!!
現在、アメリカにて発売となっている
カニューレいらずのインスリンポンプ「OmniPod」
商品ホームページでモデルさんが装着したコクーンのようなパッドの写真をみて、
どんなもんなんだろ~、実物みてみたいな~と思っておりましたら、
youtubeにて、商品到着から装着、取り替えまでを実況してくださってる
貴重な御仁を発見!


まずは商品到着から。



パッドは使い捨てなんですね~。
なんかもったいない気もしますが。

次は、パッドの動きをコントロールするPDMの操作メニューの解説。




SMBG機能もついてるんですね。
そうなると、SMBG機器を別途持ち歩く必要がなくなると。
かなり日常の携行品がシンプルになりますよね、ということで、
こんな感じ。



やっぱチューブがないって、素敵!
PDMを操作するだけのスマートさは良いですね。

PDMが身体の側になくても、ベーサルは自動注入されるので、
スポーツ中なんかはバッグに入れておいてOK!ということのようです。
なおかつパッドは防水。
シャワー、入浴はもちろん、水泳、海水浴もつけたままでOKだそう。
温泉好きの日本人としてはありがたいですね。


で、興味津々のパッド装着です。



カニューレの挿入の簡単さに感激!
パッド貼り付けたらPDMのクリック一発でいいんすかっっ!!!
別途、穿刺器具持って、太い針にドキドキしなくていいんですね~(笑)


PDMのデータ管理機能もかなり充実してます。

近頃、日本でも流行のカーボカウントですが、
あらかじめ主立った食品のカーボが登録されていたり、
自分がよく食べる食品のカーボ情報を登録できたり、
それをもとにボーラス注入量が計算できたり、と、
ややこしい計算を代行してくれる機能もばっちり。

これに、自分で前後の運動量や体調なんかを加味して
若干の調整を加えればバッチリ!ということで、
ボーラス注入量も決定しやすくなるのかもしれませんね。



で、次はパッドの交換。



パッドは72時間で交換。

この映像にて、
抜いた後~皮下に刺さってたカニューレが確認できますが、
このカニューレの長さ、9mmだそう。

パッド装着位置の説明時、
ニップル‘自粛’のテープが、逆サイドのニップルに貼ってなくって
結果、自粛できてないのがご愛嬌(笑)




この方の場合は、ローション使って非常に丁寧にソフトに
パッドの装着テープをはがされていましたが、
別の方は、ベリッと一気にはがされてました。

この辺は、使う人の性格、でますよね(笑)。

ちなみに、ベリッとはがす派のご家庭の1型DMのお子さんのOmniPod使用映像がこちら。



超キュートっっ!!
(感想の趣旨が完全に変わってしまってますが(笑))

このお子さん、3歳発症だそうですが、
発症当初からOmniPodにて治療され、
最近は、デックスコム社の無線タイプのCGMを併用、
デュアルパッド装着にてもうすぐ8歳のお誕生日を迎えるそうです。

世界で最初にトンプソン少年がインスリン注射を受けたのが1922年のこと。
88年を経過して、インスリン治療もここまで来ました。



このOmniPod、CGMとの連動も可能のようです。

メドトロニックのホームページなどでも、
他社(アボット、デックスコム)のCGMとの連動についても開発契約済み、
との話が出てました。
こういう互換性、ありがたいですよねぇ。


今年のADAでは、こうしたポンプとCGMの一体型製品による
血糖コントロール向上の成果が報告されていたようでもありますし。

minimedparadigm.jpg
日本でも早く使えるようになるといいですね。


また、こういうきめ細かいインスリンの調整介入が可能な機器を
十二分に使いこなすためには、
まずは、糖尿病教育に携わる者が
いろんな生活環境・動作で血糖がどう動くのか、
それに対して、どうインスリンをあわせていけばよいのか、の
きめ細かい調整介入の術を知っておかねばなりません。

いざ、日本での導入となってからあわてることがないよう、
今からしっかり学んで参りましょうね!!



スポンサーサイト
【2010/09/24 00:04】 | インスリンポンプ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ミニメド パラダイム インスリンポンプのレンタル
今月に入って、「CGM」のネット検索で
当ブログにたどり着く方、激増。

いろいろと新しいお薬なども出ているにもかかわらず、
当ブログでの検索キイワードランキング、
現在、ぶっちぎりで CGM です。

いかに待ち望まれていた検査機器か、というのが、
これ一点取り上げても伺えますね。
届出が必要な施設基準の条件のしばりがあるものの、
思いのほか、広がっていきそうな感じがします。

その施設基準の条件の1つに、ひときわ高い壁として
「持続皮下インスリン注入療法を行っている保険医療機関であること。」
というのがあるわけですが。

これまで、このCSIIについては、レンタルがなく販売対応のみ、
それも、保険点数では全く採算のあわない販売価格、ということが
多くの医療機関でのCSII導入を阻む壁となっておりました。

それが、この度、CGMの販売元でもあります
日本メドトロニックのCSII
ミニメド パラダイム インスリンポンプ
ミニメド

こちらの レンタル を担当いただける代理店が
熊本にもできました。

この代理店が下記の通り。



  九州エア・ウォーター株式会社
  南九州支店 熊本営業所

  〒869-0417
  熊本県宇土市松山町1320-12
  TEL 0964-22-2823
  FAX 0964-22-2807



今春の点数改正を期に、
CSII導入をご検討の医療機関におかれましては、
GSII レンタルはじめ〼
ということですので、
上記にご相談されてみてください。




ただし、こちらのレンタルシステムはCSIIのみ。
CGMについては、販売のみ、でございます。

合わせ技での導入にかかわるもろもろ詳細のご相談は、販売元の
日本メドトロニック株式会社へどうぞ!

尚、この度、レンタルが始まります
ミニメドパラダイムインスリンポンプについての概要につきましては
こちらの動画を御覧下さい。
[広告] VPS

【2010/03/25 15:39】 | インスリンポンプ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。