FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
糖尿病予防フォーラムin人吉球磨に参加して
当ネットワークの世話人であります
溝上真也(球磨病院 リハビリテーション科 理学療法士)が、
熊本県の糖尿病予防対策事業であります
「糖尿病予防フォーラムin人吉」の実行委員をつとめておりまして、
そのレポートが届きましたので以下掲載です。

‥‥‥‥‥‥‥‥

平成25年11月2日(土曜日)あさぎり町須恵文化ホールにて
糖尿病予防フォーラムが開催されました。

フォーラムにご参加の皆様 ありがとうございました!

美味しく糖尿病予防!ブルーサークルメニューとは?
球磨1
おいしくてエネルギー過剰が気にならない、
しかも食べると健康増進の期待ができる外食メニュー。

熊本県内の飲食店・弁当店・惣菜店等が考案したオリジナル外食メニューで、
総エネルギーが600㎉未満、塩分が3g未満の
ランチメニュー、もしくはコースメニューのことです。

ブルーサークルメニューの試食会では11時30分(開演)から
先着順に50食としていましたが、
10時の時点で予約がいっぱいとなり
11時30分に窓口に来られたお客様にはお断りをする大盛況な状態でした。

ブルーサークルメニューそのものの展示もあり
「この豪華さで600Kcal以下なの?」などの声も聞かれていました。

球磨2

ホールプログラムは講演会として
球磨病院 小堀統括院長の講演と、熊本大学代謝内科 本島先生の講演が開催されました。
市民向けに予防の大切さについてわかりやすくお話しされました。

またブルーサークルメニューの誕生の話や
そのメニューを頻繁に取られている方のお体のデータを見せていただきました。

その後は交流会と題してご当地ヒーローとの予防劇を実行委員会で行いました。
ジュグリッター参上!!
球磨5

エクササイズの体験は会場の皆さんと一緒に行い、
一同笑いに包まれながら運動の体験ができました。
球磨6
「くまんもん!球磨んもーん!くまんも~ん!!」


○×クイズは翆嵐楼のペア宿泊券が商品ということもあり、
会場の皆様も積極的に参加されていました。
球磨8
実行委員で問題を準備していましたが
小堀先生の指導の下「不適切問題?」も時々見られ、
問題数が足りなくなるようなハプニングもありましたが
会場は笑いに包まれ和やかに終了しました。
球磨7




体験コーナーは写真のように盛況でありました。
球磨10

当院リハビリテーション科スタッフも
「体力測定コーナー」ブースを設置し皆様の握力やバランス能力の評価しました。
球磨9

皆さまの健康維持の為にも正しい規則的な生活習慣が必要です。
特に、運動療法においては、
いざ、機能障害がおこった後のリハビリでは遅いので
運動ができる体の時にお体を大切に使うことの大切さ・素晴らしさを
ぜひ、みなさんに知っていただきたいと思っています。

来年も糖尿病予防フォーラムを予定しています。


溝上 真也(球磨病院 リハビリテーション科 理学療法士)
‥‥‥‥‥‥‥‥
スポンサーサイト
【2013/12/05 13:29】 | 保健(行政)との連携 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
糖尿病予防対策関係者研修会のご案内
熊本県健康づくり推進課の下村参事より
今年度の「糖尿病予防対策関係者研修会」のご案内をいただきましたので、
御紹介です!

☟クリックすると拡大表示します。

平成25年度糖尿病予防対策関係者研修会実施要項

熊本県における糖尿病予防対策の保健・医療サービスにおいて、
多職種・多施設連携でのサービス提供が可能な、
予防から治療まで切れ目のない連携体制により
適切な治療管理や療養指導を継続いただき、
ひいては医療費適正化対策等に活かしていきましょう!
・・・という趣旨での研修会となります。

5月に熊本で行われた日本糖尿病学会学術集会では、
熊本の産官学の協力による糖尿病予防治療対策事業も
大いに注目をあびたわけですが、
この実践経験からの提言として、
熊大代謝内科の先生方の講演がプログラムされているようです。

こちらの研修会、
熊本県で県民の健康づくりに携わる方々であれば、
どなたでも参加OK!ということですので、
関心のある方、ぜひご参加ください。

事前申込要、とのことですので、
参加希望の方は、下記申込書記入の上、
8月8日(木)までに
FAX 096-383-0498 熊本県健康づくり推進課まで
FAX送信をお願いします。


☟クリックすると拡大表示します。

申込書

また、会場が大学内となりまして、駐車スペースの関係上、
できるだけ公共交通機関の利用や乗り合わせでの御来場に
御協力ください!とのご連絡をいただいておりますので、
ご配慮いただければ幸いです。




【2013/07/29 15:20】 | 保健(行政)との連携 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第2期ブルーサークルメニュー募集始動!
熊大代謝内科医局長の本島 寛之先生からいただきました情報デス。

「1/28(月)14時~16時に
 第2期ブルーサークルメニュー募集についての
 レストランオーナーおよびシェフ向け説明会を開催します。
 場所はホテル日航熊本(5階天草)です。」

いよいよ2期目の募集開始!なんですね。

bcm.jpg

現在、提供されているブルーサークルメニューは、
昨年8月に募集された第1期メニューです。


圏域の外食店舗へ足を運んで地道な交渉をしてくださった
熊本県下各圏域の行政の保健師さん、
その趣旨に賛同いただき、
食のプロフェッショナルとしての知識と経験、アイディアとテクニックによって
メニュー開発に尽力くださったオーナー&シェフ、
それを最新の糖尿病治療学と栄養学からサポートしてくださった
学会専門医と熊本県栄養士会の管理栄養士さん達によって、
ホテルレストランから、お弁当屋さん、ラーメン店まで、
幅広いジャンルから独自のヘルシーメニューが出揃いました第1期。

県内よりもむしろ県外から
「あれって、どうなの?」という反響があったりで、
全国的に話題になっているようであります。

熊本の産官学のスペシャリスト達が
県民の健康増進のためにスクラムを組んで発信した
現在の「食環境」へ一石を投じる問題提起として、
かなりポジティブなインパクトを与えることができたのではないかな、と。

この状況を受けての第2期募集、ということで、
ある意味、ここからが正念場!であります。

野菜

当然、外食産業はシビアです。
美味しくて、安くて、たくさん!でなければ、売れません。
売れなければ、生き残っていけないのが、今の ‘現実’ です。

しかしながら、
糖尿病が国民病となっている今−−−。
食べ過ぎによる肥満が、糖尿病のみならず、
様々な疾患の原因となっている今−−−。

美味しくて、安心で、自分の身体にちょうど良い!

食を選ぶ際のプライオリティになるべきだ、と思うのです。

そして、そのプライオリティの選択肢になりうる商品が
市場にたくさん、‘普通’の、‘定番’の、商品として提供されるべきだと思うのです。

天草海の幸

外食産業のオーナーやシェフの皆様には、
「総エネルギーや脂質や塩分を減らしても、美味しくて売れる料理は作れる!」
「このコンセプトで商品開発したら、潜在する新しいターゲットを掘り起こせる商売になる!」
「そしてこのコンセプトは、お客様を確実に幸せにできる!」
ということに、ぜひとも挑んでいただきたい。

そして、賢明なる熊本県民の皆様には、
普段飯として外食を利用される際にこそ、
熊本の豊かな水と食材、そして心あるシェフの腕を吟味して、
自分の身体のために、自分の未来のために
とことんこだわって選んで、心豊かに味わっていただきたい。

そのムーブメントを作りたいのです。 

手っ取り早くお腹いっぱいになる食、
ただ何となく目の前にあるものを口に運ぶ食、
これらが決して幸せな食ではない、ということに、
心の底では、皆さん気付いているはずなんです。

幸せでない食によってもたらされる肥満
国家存亡の危機に陥っている欧米の先進諸国に、
ここらで、古来から脈々と受け継がれる
日本の食、日本の教養、日本の底力、
がっつり、みせつけてやりませんか?!!(笑)

肥後赤牛

今、あなたが食べるものが、
これからのあなたの身体を作るのです。


ぜひとも、このブルーサークルメニューの展開を契機に、
自分のため、大切な人のため、将来を担うお子さんやお孫さんのため、
これからどんな人生を送りたいのか、
それを実現するためには、どんな食が必要なのか、
改めて、じっくり考えていただきたいのです。

そして、それを考える時に、
糖尿病教育に携わる我々が、
よきガイド、よきアドバイザーとなれるよう、
研鑽を重ねたい、と思っています。






【2013/01/09 23:39】 | 保健(行政)との連携 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブルーサークルメニュー
熊本県でこんなキャンペーンが始まりました。

bcm.jpg

まずはTKUさんのレポートでどうぞ!



広く熊本県下の外食店によびかけ、
1食600kcal以下、塩分3g以下を基準に、
それぞれの外食店のシェフのアイディアとテクニックでヘルシー料理を考案いただき、
これを“ブルーサークルメニュー”として認定、
広く市民に提供していただき、ヘルシー食に親しんでいただく!
・・・というコンセプトのキャンペーンです。

2年前の熊本県糖尿病保健医療連携会議の際に、
 「熊本で糖尿病学会が開催される時には、県をあげておもてなしをしたいですね。
 ‘ヘルシーメニューでおもてなし’、とか。」
といわれた熊本県健康福祉部健康局の下村参事の言葉に、
 「“ブルーサークルメニューでおもてなし”とかいいんじゃない?」
 「おしながきにブルーサークルのロゴつけてもらって。」
 「地産地消で作ってもらえば、県産食品の全国アピールにもいいですよね。」
といった話で盛り上がっていたのですが、とうとうここに実現!です。

実現までの道のりでは、誰が認定するのか、審査基準をどうするか、
といったような具体的な実務検討の問題はもちろん、
「例えば、自分が街に食べに行ってヘルシーメニューがあったとして、
 それをオーダーする?しないでしょ。」
といったような、そもそも論についてのネガティブ意見もあったりしたわけで、
実現までの委員会の皆さんの苦労、並々ならぬものがあったことと拝察いたします。

本当にお疲れさまでした!
このブルーサークルメニューのコンセプトが定着してどんどん広まりますように!!

内容詳細については、
熊本県糖尿病医療スタッフ養成支援事業のホームページをご覧あれ!
ブルーサークルメニューについて
和泉町立病院とシェ・ホンダの取り組み
ブルーサークルメニュー 一覧

特に、「和泉町立病院とシェ・ホンダの取り組み」は、
ハートフルでとっても素敵なお話です!!
必読!!






【2012/11/09 10:43】 | 保健(行政)との連携 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熊本市CKD対策室からイベントのご案内
熊本市CKD対策室よりイベントのご案内がありましたので、
こちらでご紹介。




みんなで学ぼう 健康くまもと21「健くま塾」

健康くまもと21推進市民会議が、
ウェルパルくまもとから様々な健康情報を発信しています!!

今回は、成人の8人に1人と言われている、意外に身近な病気
「CKD(慢性腎臓病)」をテーマに取り上げました。

腎臓病は自覚症状がないことがほとんどで、
多くの方は自分がCKDだと気付いていません。
この機会に、CKDのことを学んで、腎臓のチェックをしてみませんか?

『気づける・学べる・楽しめるCKD授業』
日時  2月12日(日)午前10時~午後1時(午前9時半受付開始)
場所  ウェルパルくまもと大会議室
内容  
1.気づける:自分の腎臓チェック(尿検査)
 *事前に採尿セットをお送りします。当日ご持参下さい。
  結果説明等は、当日の受付順となります。

2.学べる:
 ①ドクターから学ぼうCKD
  演題「あなたの腎臓だいじょうぶ?~意外に身近なCKD~」
  講師 熊本中央病院腎臓内科専門医 有薗 健二先生

 ②体験談を聞いてみよう
 講師 熊本県腎臓病患者連絡協議会

3.楽しめる:食べてみよう美味しい減塩弁当(試食)


定員  100人(先着順:事前申し込み)
受講料 無料
申込み 1月4日から電話(334-1500)かインターネットでひごまるコール
     *申し込み締め切り:1月25日17時    

共催 健康くまもと21推進市民会議
   健康づくり推進室
   熊本県腎臓病患者連絡協議会




気づける、学べる、楽しめるの3段活用って、大事ですよね。
市政だより1月号に、告知が掲載されているようですので、
CKDを学んでほしい患者さんにぜひご紹介ください。

また、市民啓発イベントではありますが、
CKDの予防教育をどうすすめるか、という点で、
医療スタッフも非常に学ぶことの多いイベントかと。

ちなみに、当日は、
当ネットワークの世話人 池田(管理栄養士/CDEJ)が
減塩弁当試食の説明を担当いたします。

関心おありの方、行ってみて下さい!!
【2012/01/11 09:02】 | 保健(行政)との連携 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。