FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本糖尿病協会のフェイスブック
日本糖尿病協会さんが、フェイスブックのページを開設されまして、
4月2日から運用開始されています。

日本糖尿病協会のface book   http://www.facebook.com/nittokyo
協会FB

実名公開のSNSで、どういうコミュニケーションが展開するんだろう??
・・・と興味津々だったのですが、
これまでの経過においては、さすがに、コメントは少なめ。
ただ、「いいね!」ボタンは結構押されてますね。

最近のニュースサイトは、
フェイスブックへの引用ボタン設置がデフォルトな感じでありますし、
患者家族のための即時の情報提供や、
糖尿病に関連するお役立ち情報の共有場所としては
やはりニーズは高いし、お役立ち効果もありそうな感じであります。

ただ、あやしげな民間療法やいわゆる健康食品の販売サイトの書き込みとの闘いは、
事務局さんも大変になるんだろうな~と思ったり。
アクセス数少ない当ネットワークのブログでさえも、
ちらほらとコメント営業や怪しげなサイトへのトラックバックはられたりして、
削除すること、ちらほらありますし(涙)。

頑張れ!サイト運営担当の人!!


さらなる希望としては、
今後、糖尿病治療にかかわる研究論文が出た際に、
患者家族向けに、研究の意義や実用性をやさしく解説してくださる
レビューなんてのをupしていただけると、
有り難いな~と思ったりするんですが。

いかがでしょ?



スマフォユーザーも広がりつつあります昨今、
ネットワークもフェイスブックページ、開設した方がいいですかね?
皆さん、どう思われます??




スポンサーサイト
【2012/05/14 07:58】 | おすすめサイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HbA1c標準化の告知キット
HbA1cが今年4月からJDS値からNGSP値に変更される、ということで、
療養指導に携わる皆様には、きっと、

「やっとの思いで患者さんに覚えてもらった
 コントロール指標をどうしてくれんねんっっ!!!」

・・・という気分だと思われますが(笑)



そんなあなたのために、
日本糖尿病対策推進会議が、
患者さんへの告示ポスターとリーフレットを作成、
医療者向けのFAQ資料含め、
現在、日本糖尿病学会と日本糖尿病協会のホームページで資材を公開されています。

患者向けホ#12442;スター


PDFファイルでダウンロードできますので、
4月からの患者さんへの説明へご活用くださいませ。

詳しくは、下記のリンク先をチェック!!

日本糖尿病学会ホームページ>HbA1c国際標準化に関する重要なお知らせ
http://www.jds.or.jp/


日本糖尿病協会ホームページ>ヘモグロビンA1cの国際標準化について
http://www.nittokyo.or.jp/kinkyu_jj120217p.html


医療者として、いろいろと腑に落ちない、というか、
ありていにいって、苛立つ思いは多々あるわけではございますが(笑)、
今回の変更を、HbA1cの意義を改めて患者さんにお伝えし、
糖代謝のしくみについての患者さんの認識を再確認するよい機会として、
積極攻勢、前向きに捉えて、頑張りましょっっ!!!









【2012/02/22 14:55】 | おすすめサイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
厚労省作成の糖尿病治療啓発パンフレット
10月14日に、厚生労働省の生活習慣病対策室が
糖尿病患者による糖尿病患者のためのパンフレットを作成、
PDFファイルをホームページで公開しています。

題して
「糖尿病の治療を放置した働き盛りの今」
2r9852000001qkne1.jpg

糖尿病の初期に、治療をすすめられたにもかかわらず、
放置してしまった方々の体験談集となっております。

日本糖尿病協会が編集協力にクレジットされており、
「さかえ」でもおなじみの
鴨志田恵一さんや、秋山崇一さんの手記も掲載されてます。

患者さん本人の言葉って、やはり一番心に響きます。
自覚症状がない段階の糖尿病の方への教育素材としては、
とてもいい教育素材なのではないかと。

ご活用あれ!



【2011/11/01 08:34】 | おすすめサイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
m3.comサイト内にてCMデビュー
医療従事者向け医療情報サイト m3.comの会員の方に
8月17日に届いた医療ニュースの号外メールに、こんなのが!
号外メール

ネットワークの研修会に参加された方には、
「あれ、この人、見たことある?!」
なんて、思ってもらえたのではないかと。

糖尿病教育ネットワークKUMAMOTOの世話人の一人であります、
陣内病院の西村博之薬剤師が
m3.comサイト内のノボノルディスクファーマの製品情報提供のCMに出演、
ノボラピッドの服薬指導についてお話ししております。


医療従事者限定の会員制サイトなので、
一般の方には御覧いただくことができませんが、
医療関係者については、入会は無料。

日本では、最大の登録会員数を要する医療情報サイトでありまして、
提供される情報もかなり充実してますので、
これを機会に登録してみるのもよろしいのではないかと。

会員登録できるサイトのトップページはこちらから。
m3.com

西村世話人出演のCMが見れるページはこちらから。
強化インスリン療法(Basal-Bolus)における超速攻型インスリン製剤の選択




追伸:
これだけ見ると、なんか、m3.comの販促要員のようですが、無関係ですっっ(笑)


【2010/08/19 14:28】 | おすすめサイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
The Death Clock
骨休め的話題をひとつ。

あなたの血管年齢を測定します!みたいな検査が流行ってますが。
今回、ご紹介するのは、あなたの寿命を計算します!というサイトです。

アメリカのサイトなんですが、英語だと直球ですね。
When Am I Going To Die?~私はいつ死ぬんですかっ?ってことで、
その名もThe Death Clock
http://www.deathclock.com/


生年月日、性別、性格、BMI、喫煙の有無を入力すると、あなたが何年何月何日に死ぬかを表示し、さらに、残りの寿命をカウントダウンする時計が表示されます。

ま、もちろん上記の項目だけで科学的な寿命が出るわけはないんですが、そうはいっても、実際に、刻々とカウントダウンされるDeath Clockを見せられると、あとこれだけ生きるんだ~どうしよ~とりあえず頑張んなきゃしょうがないな~などど、結構いろんな事考えたり、いろんな人の顔が思い浮かんだりと、なかなかに感慨深いひとときを過ごす事ができます。

ヘビースモーカーで性格的にS傾向な私の友人などは、残り寿命が「0」表示になった上で、
I am sorry,but your time has expired!
Have a nice day.
とポップウィンドウでなぐさめられ、めずらしく落ち込んでおりました。
これでタバコをやめてくれるといいんですが(笑)

みなさんもおひまな時に遊んでみてください。
意外に、自分の健康や人生について真剣に深ぁ~く考える時間が持てるかも。
【2007/03/06 23:22】 | おすすめサイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。