FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新しい企画、やってみた。
活動10年を迎えました我々「糖尿病教育ネットワークKUMAMOTO」では、
今期より看護師&管理栄養士の2人体制となりました代表世話人の1人、
池田@代表世話人の采配にて、
「食と生活習慣サポート事業部門」を立ち上げました。

 は、治療管理のみならず、
人間の生命維持と最高の活動パフォーマンスを発揮するために
必要不可欠なものです。

しかし、あまりにもあたりまえに必要不可欠であるがゆえに、
また、意識せずともある程度は身体が自律調整してくれるために、
その代謝のしくみを、実は、よく知らない。


さらには、
食事療法を学び、患者指導を行っている医療スタッフであっても、
知ってるつもり、で、実は、知らないことがある、
知識としてはあるが、実際に試したことはない、ということに
気づいていない。という大問題があります。

まずはこの、「実は知らない、やったことない」ということに
自分のリアルな生活空間の中で、具体的に気づかないと、
当然、「学ぼう」とか「コントロールしよう」いうモチベーションにつながるわけもなく。

それが伴わない糖尿病教育の言葉に、
果たして患者さんが納得してくださるものか?

・・・ということで、
自分の生活の中にある「食」と
まず自分自身がしっかり向き合うことで、
より良い血糖コントロールや健康管理を考え、学びましょう!
という切り口での体験型イベントをスタートさせております。

その一環で、先日こんなプレイベントをやってみました。
IMG_3623.jpg

これだけ見ると、結構ガッツリな研修会な感じですが、
実態はこんな感じ。
IMG_3626.jpg
これ、ただの飲み会じゃんと思うなかれ(笑)
我々の企画が一味違うのはここからでありまして。

シェフ渾身の創作和食の懐石料理が運ばれるテーブルの上には、
あたりまえのようにSMBGが転がっているのであります。
IMG_3628.jpg

こちら、
「熊本で話題の創作和食料理店で、
飲み放題付きのコース料理を食べる、というよくある日常空間で、
血糖自己測定しつつ、血糖パターンマネジメントを語り合う非日常を楽しむ」

・・・という試みでございます。

IMG_3624.jpg

こんな感じのざっくりした記録表とSMBGを参加者全員にお渡ししまして、
「測定のタイミングは自由。記録も自由。食べる量もドリンクの注文も自由。
自分が知りたいタイミングで好きなだけ測定してみてください。」
とお伝えしまして、あとは放流(笑)。

参加者の中には、
「え〜血糖測定があるならヤダ。私、絶対測らない。」
・・・と言ってた医療スタッフも結構いたのですが、
さも当たり前でしょ的にSMBGが目の前に支給され、操作説明が始まると、
なんとなく場の同調圧力(笑)で測りはじめます。

で、一旦みんなで測り始めると、

「え〜意外にあがんない。ちょっと、コーラ連チャンで頼んでみる。」
「やっぱ、炭酸飲料はすぐにくるねぇ。1型の子が低血糖の時に好むわけだ。」
「豚の角煮食べたけど、そんなにあがらない。前菜で野菜食べたからかな?」
「満腹感がきた時間帯から下がり出した」
「海老パン、意外にこない。炭水化物だけど揚物で脂質多いからあとから来るのかな?」
「ビール、ワイン、焼酎、日本酒、連チャンにしてみよう」
「豚の角煮の汁、センサーにつけたら Hi が出た」
IMG_3632.jpg
当日はアドバイザーDrにも参戦いただきました!

・・・など、今回の企画意図である
「栄養成分、消化時間と血糖変動の関係を考察する」にビンゴ!、の発言から
好奇心というより小4の悪ノリ発言、に至るまで、
ほぼ初対面同士にもかかわらず、
「見て〜いくつだったよ〜、なんで〜?」などと結果を見せ合ったりで、
結構あちこちで盛り上がっております。

なんと、コース時間中の参加者の平均測定回数、6回
ノリノリです(笑)。

こういうスタイルでやると、
ちょっと嫌〜な感じの血糖自己測定も
エンターテインメントとして成立するな、という発見あり。

測定のファーストタイムがこういう感じだと、
血糖自己測定に対する抵抗感や拒否感も薄らぐ気がします。

・・・と、そうなると、これ、有志によるゼミ、というだけでなく、
市民啓発イベントとしてもかなり有効なんじゃなかろうか。

また、市民啓発イベントとして有効なんじゃ?の最大のポイントとして、
参加した医療スタッフの中に、食後過血糖発覚!
IMG_3631.jpg

ご本人曰く、「職場検診では異常なかったんですけど・・・」との由。

実は、本ブログ記事を書いております私@ネットワーク事務局担当も
その 食後過血糖発覚! の一人でありまして、
これが、その時の測定記録、ご覧あれ。

IMG_20150703_0005.jpg

イベント終了時刻での測定で170を超え、戻ってきません。
これはかなりヤバ〜いっっっ!!!
現実を受け入れられず、後半、予想血糖値も怖くて書けてないし(笑)。

ちょうど、同月に職場健診があり、
アルドステロン過剰分泌による高血圧が発覚し、
精査と治療が始まったところでありまして。

その際、HbA1cは5.3%、空腹時血糖も正常範囲内だったので、
とりあえず糖尿病の方は大丈夫か、と安心しきっていたのですが、
これ、インスリン抵抗性もキテます、ということのようで。

これまで、完全に他人事と思ってた自分に、まさかこんな日が来ようとは!

この測定値が出た時は、やっぱ一瞬、
「見なかったことにしよう。」と思いましたもん(笑)。

健康診断のありがたさと、
ありがたい健康診断でも発覚しない「境界型糖尿病」の存在、
それを宣告された患者心理を
身をもって実感した2015年6月でありました。
・・・近く初めてのOGTT、体験予定デス。


さて、最後に、当日参加いただいた方からの感想をup。

IMG_20150703_0002.jpg

10年後、20年後の自分の為に・・・素敵な言葉ですね!

ちなみに、今回、血糖測定させていただきましたのは、
世界最小採血量・指先以外で採血可能!
痛みを抑えた血糖測定器!でおなじみ
アボット フリースタイルフリーダム ライトでした。

今回の企画にご協力いただきましたアボットジャパン株式会社さまに
心からの感謝を!!!

また、今回会場として利用させていただきました
ごはん処上の裏馳走こだまさん
美味しい創作和食のコース料理と2F1室貸切のご協力に
心からの感謝を!!!

ありがとうございました。


このプレイベントでの経験をもとに、
また、なにか、エンタメ系の学習イベントの作戦を練りまして、
今度は、公開イベント、として企画させていただきますね。
乞うご期待!!!
スポンサーサイト
【2015/07/03 17:31】 | ネットワークの事業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
受動喫煙防止推進活動への御協力
先日、熊本県の医療・保健連携事業協力スタッフの皆様宛に、
事業3カ年の最終報告書をお届けいたしまして、
その際、今度、研修会でコラボレーションいたします
くまもと禁煙推進フォーラムさんから協力要請を受けていた
「熊本県における受動喫煙防止施策の推進を求める要望書」の署名用紙を
同封させていただきましたところ、
天草地域医療センターの病棟師長 荒木優子様から、
こちらが届きました。

P1150762.jpg

たくさんの数のご署名に、びっくり!!

センターの看護部の皆様が主体になって集めていただいたそうです。
市民の健康を守る!という皆様のアツい志に感激です!!!

お忙しい中、署名とりまとめのご協力、
本当にありがとうございました。

今度の研修会の折に、くまもと禁煙推進フォーラムさんに
間違いなくお渡しいたしますね!


天草地域医療センターでも、1月より職員の敷地内禁煙をスタート、
4月からは、完全敷地内禁煙をめざし、意識向上をはかっているのだとか。

この署名も、敷地内禁煙推進にあたっての意識向上の一策、ということだそうで、
確かに、こういった署名をお願いすることで、
広く目的を周知し共有を諮る、というのは、
非常に効果アリですね。

というわけで、うちもこれ、やってみよう!と思われたアナタには、
くまもと禁煙推進フォーラムさんのホームページから
署名用紙、ダウンロードくださいませ。
熊本県における受動喫煙防止施策の推進を求める要望書
http://square.umin.ac.jp/nosmoke/shomei.html



敷地内禁煙も、なかなか徹底が難しく、
徹底すれば、
今度は隠れて吸われて、吸い殻を壁の隙間に隠されたり、
というような防火上の問題もはらんだり、と、
現場スタッフとしては頭を抱えることも多いですが、
こうしたことについても、次回3月10日の第22回研修会
解決のヒントや手がかりが見いだせるのでは、と思います。

今度の日曜日14:30から、
崇城大学市民ホール大会議室にて、
たくさんのご参加、お待ちしております!!
【2013/03/02 12:07】 | ネットワークの事業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出張糖尿病教室!
2月18日の午後。

熊本県庁の職員厚生室からのオーダーにて、
県庁職員の保健指導対象者の方のための糖尿病教室で出張講演して参りました!

NCM_0008.jpg

なんでも、県庁職員の特定健診において、
8割に何らかの異常があるのだとか。
確かに、年を重ねれば多少何らかの検査値異常は現れるものとはいえ、
正常域の方が2割しかいない、というのは、これ、
心穏やかではいられませんね(汗)。

壮年期の域に達しますと、
やはり身体まかせにしていては、健康は保てないんだな〜と
しみじみ感じます。

人生の折り返し地点以降の健康維持のためには、
自ら意識的に自らの生活を点検して、
自らの身体をメンテナンスすることがあるかないかで、
その後の人生の豊かさが確実に変わって参ります。

NCM_0019.jpg

というわけで、今回は、
「生活習慣改善の基本である食事療法について、
 対象者を行動変容に導くヒントになるお話と、
 個々人が具体的に明日から実践する目標設定までをお願いしたい。」
とのオーダーにて、
池田世話人(管理栄養士/CDEJ)が講師のご指名を受けました。


糖尿病の何が問題なのか、という問題の本質をお話し、
問題の本質をクリアするために気をつけるべきことは何なのか、
今すぐはじめられることは何なのか、
にポイントを置いてお話させていただきました。

NCM_0015.jpg

フロアの客いじり(笑)には定評のある池田のトーク、
お楽しみいただけましたでしょうか?


ただ、今回の糖尿病教室の対象者、
「特定健診の受診勧奨者となるHbA1c6.1以上の方」のくくりでありまして。

糖尿病の場合、高血糖をもたらしている原因が
インスリンに対する抵抗性が主体の肥満傾向の方なのか、
分泌低下が主体の痩せ型の方なのか、で、
血糖コントロールのベクトルが若干変わって参ります。

また、治療中であるならば、使用中の内服薬の種類によって、
これまた血糖コントロールにおいて留意すべき点が変わって参ります。

集団指導の場合、この辺のターゲットをある程度しぼっておかないと
みなさんに等しく実益のある具体的なお話ってなかなか難しいわけでして。

NCM_0014.jpg

このため、池田世話人、このオーダーを受けた段階で、
ターゲットラインの設定に相当悩んだそうなのですが、
日々の食のバランスを整えていただくことの意義をお伝えしまして、
それをおひとりおひとりの生活時間において応用いただくための
考え方のエッセンスの部分はお伝えできたのではないかと考えております。

いかがだったでしょうか?




しかし、こういった特定健診の保健指導企画において、
既に定期通院されて病態にあわせた治療をされてる人と、
病態がわからない未受診の方の初期教育を一緒に指導されるのって、
ターゲットが定まらず、無理が生じるのではなかろうか、と思ったり。


実は、これ、一度、協会けんぽの方ともお話したことがあるのですが、
「定期通院されてても、すべての健診項目を定期検査されてないケースも多いし、
 治療中の病名以外の生活習慣病については初期教育が行われないので、
 原則やっていただきます。」
というお答えをいただきました。

しかしながら、
ここ数年の糖尿病治療では、薬剤の種類が非常に増え、
作用経路も多岐にわたっています。

ことに複数の薬剤を組み合わせて使用されている方に対して、
薬を使わないでコントロールするための食のアプローチが重なれば、
薬が効きすぎて低血糖に陥りますし、
そこで補食のチョイスやとり方を誤ってしまえば過血糖に転じて、
かえってコントロールを乱して安定しない状態に陥ってしまう、ということもありえます。

さらに合併症のある方ならば、コントロールはさらに複雑です。

そうであるならば、こういう方は、保健指導ではなく、
保険診療において、治療初期での療養指導を点数化して、
その方々の病態や治療に応じたトータルでの生活習慣改善指導を行なった方が
患者さんにも益があるし、保健医療費が無駄にならないし、
医療スタッフとしても大切な初期教育に充分な時間をあてることができて、
益があると思うのですが、いかがでしょう?

こういう部分で、保健と医療が患者さんの情報を共有して連携し、
それぞれの職能を無駄無く遺憾なく発揮できるとよいのでは?と思うのです。

皆さんはどう思われますか?

NCM_0022.jpg
こちらは、出張会場でありました熊本テルサの喫茶店の看板。

メニューの下に、カフェテーブルですわったままでできる
リラクシング&ストレッチ目的のエクササイズが紹介されてました。

さすがにスポーツクラブの併設の施設!
こういうアプローチ、良いですね!




【2013/02/19 08:47】 | ネットワークの事業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第50回日本糖尿病学会九州地方会で発表してきました!
去る10月19日〜20日に久留米で開催された
第50回日本糖尿病学会九州地方会にて、
代表世話人の川口はるみが、我々の活動を発表して参りました。

以下、再演です。
(スライドはクリックすると拡大表示できます)
スライド01

2000年に日本糖尿病療養指導士認定機構が発足し
2001からCDEJ認定試験が始まりました。
スライド02

このような流れの中で2003年日本糖尿病教育看護学会は
CDEJの多くが看護師であることから、
他職種及び地域間の情報の共有と交流を行い、
そのネットワークを拡充するための事業を開始しました。

翌2004年には各都道府県にネットワーク委員を置き、
より地域に浸透したネットワーク構築を目指す事になり、
その熊本での活動拠点として、
2005年7月糖尿病教育ネットワークKUMAMOTOは発足しました。

糖尿病治療の中断・放置の防止、糖尿病の重症化抑制をめざし、
チーム医療・療養指導の充実と、施設間・職種間の連携促進を目的とした
参加型研修会、学術講演会、糖尿病関連の情報提供を行なっています。

スライド03

糖尿病の早期発見と重症化抑制のためには、
市民の居住地域での切れめのない保健と医療の連携が必要です。

また、糖尿病患者の増加、患者の高齢化によって、
各専門医療機関、かかりつけ医、介護、福祉など、
地域の多領域にわたる関係職種の連携もまた必要となっています。

患者をとりまく環境変化に対応していくためにも、
医療、保健、福祉などの多領域で糖尿病教育に携わるコメディカル
を対象とした研修会を行うことにしました。


糖尿病教育の実践者には、これらの能力が求められると考えます。

スライド04

これらを、地域に根ざした形で、
参加者全員で互いに情報交換しながら
糖尿病教育のスキルを研鑽しあう場をつくるべく、
2005年8月に第1回研修会を開催しました。

以降、年に3回の研修会を実施。

毎回、参加者から現場コメディカルの悩みを聴取し、
それをもとに次の研修会テーマを設定し、
専門領域から講師をお招きしてのレクチャーの他、
ロールプレイや、グループディスカッション、実習といった研修形態でプログラムすることで、
参加者が抱えている具体的な悩みを解決へと導き、
明日から使える実践的な研修会となることを企図してきました。

特に、グループディスカッションでは
異なる地域、施設、職種のコメディカル同士で情報交換を行い、
それぞれが抱える問題の解決のためのディスカッションを行うことで、
実際の地域連携やチーム医療のコミュニケーションの
シュミレーションの場となっています。

スライド05

第6回研修会で初めて、
「チーム医療や地域連携を考える」をテーマに掲げました。

その際のグループディスカッションでは、
現状と課題として、
 ●研修会参加者それぞれが、連携の必要性や重要性の認識がある。
 ●現状では各々の職種・施設内での、情報交換・共有の不足が多い。
 ●他施設間連携はできていない。
 ●チーム連携の具体的な内容や方法を検討・実行していく必要がある
といった意見が出されました。

また、その際、よその施設の糖尿病教育内容を知りたいという意見が多くあがったため、
参加者の所属施設での糖尿病教育情報の提供を呼びかけて御協力いただき、
それをとりまとめたものを、その後の研修会の後抄録の附録として掲載、
参加者間の情報共有の促進をはかりました。

また、この研修会をきっかけに、
当時、地域独自の糖尿病対策事業を展開されていた
美里町役場の保健師さんと知己を得て、
保健と医療、それぞれの糖尿病教育の現状と今後の連携について
意見交換会を実施しています。

2008年には、「糖尿病腎症の予防、進展阻止のためのチームアプローチ」をテーマに
日本腎臓学会の会長を招聘しての学術講演を開催しました。

スライド07

2009年には、
第6回研修会と美里町役場との意見交換会の内容を掲載した後抄録集を読まれた、
熊本県の糖尿病予防対策事業の担当官からヒアリングを受け、
以降、熊本県の糖尿病重症化・合併症予防のための保健医療連携体制構築事業の
関係団体として、事業年限の3カ年間の協力を行っています。

この間に開催された保健医療連携体制整備事業関係者研修会では、
コメディカルの立場から講演発表を行いました。

スライド08

この一連の流れの中では、
熊本県糖尿病医療スタッフ養成支援事業に関する準備会議にも協力、
コメディカル側の要望をとりまとめて提言しています。

また、この県の事業協力の経過の中で、
熊本市のCKD対策事業の担当官と知己を得て、
2011年からは、熊本市CKD対策推進会議メンバーとして協力しています。


このように、参加対象をオープンにして交流促進をはかるスタイルの研修会開催によって、
様々な地域・団体の、様々な職域の方々と情報交換する機会を得て、
その都度、課題を共有し、その解決に向けての恊働事業を行う、という流れが、
この頃から、定着しています。

第18回研修会では、国民病となった糖尿病と腎臓病を予防し早期介入するために、
熊本市のCKD対策室との恊働企画として、
行政と医療、それぞれの取り組みをしり、
具体的な介入方法や指導方法についての情報と意見交換、課題の共有を行いました。

スライド09

昨年度は糖尿病患者の高齢化と認知症増加に対する現場の悩みを受けて、
第19回研修会にて、熊本市高齢介護福祉課(認知症サポーター養成講座)、
熊本県認知症疾患医療センターの御協力をいただいてのワンデイセミナーを実施。

第20回研修会では、
熊本県の糖尿病対策事業で知己を得た、
熊本市歯科医師会会長の清村先生、熊本県歯科衛生士会会長の福本先生の
御協力をいただき、歯周病をテーマに研修会を実施。

今年度行った第21回研修会でも、
熊本市のCKD対策事業で知己を得た、
熊本県腎臓病患者連絡協議会、全国健康保険協会熊本支部の共催を得て、
今春新設された糖尿病透析予防指導管理料の意義を再確認し、
どう実践するか、について考察を加えました。

この21回研修会終了時点で、延べ参加者数は1,518名となっています。

スライド10

糖尿病教育を行う上では、
糖尿病患者さんの人生における環境の変化、生活習慣の変化や、
高齢化、他疾患の併発、合併症の発症など
患者さんのライフイベントに対応することが求められます。

そのためには、それらに関係する職種・組織との
双方向のコミュニケーションをはかることが重要です。

スライド11

スライド12



‥‥‥‥‥‥‥‥

研修会を重ねるごとに、いろんな組織、いろんな職種の方と知己を得て、
知見が広がり、困った時は力になってくださる地域リソースを得られるのは、
非常に有り難いことですし、幸せなことだと思っています。

というわけで、第21回研修会は、来年3月10日、熊本市民会館大会議室にて開催予定!

今度は、くまもと禁煙推進フォーラム様とのコラボ企画で、
禁煙治療、禁煙支援について深〜く学ばせていただく計画が
着々と進行中です!

今後とも、よろしくお願いいたします。





【2012/11/02 15:53】 | ネットワークの事業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公式ホームページのお引っ越し
糖尿病教育ネットワークKUMAMOTO、これまで公式ホームページを
http://dmnet.web.fc2.com/
で運用して参りましたが、この度、これを
フェイスブックページ上におひっこしさせていただきます。

アドレスはこちら。
http://www.facebook.com/dmnetkumamoto
ウォール

これによって、公式ホームページを、
当会の活動の公式情報をご紹介するのみに留まらず、
糖尿病教育に携わる現場スタッフの皆様が、
フットワーク軽く多様な情報共有ができる場とすることを目的とした
おひっこしでございます。

ということで、よろしくお願いします!!

【2012/06/12 09:05】 | ネットワークの事業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。